5分間評価

5分間評価は終了しました。DolphinProの評価版をご利用ください。

エス・アンド・アイ(株)に SaaS モデル
ライフ・サイエンス・コンピューティング(株)にローカルモデル

があります。

手 順

1.OpenDolphinをダウンロードし、起動します。
2.クラウドサーバにユーザ・アカウントを作成します。
3.このページを参照しながらカルテを作成します。

1.ダウンロード

お使いのOSに合わせて、OpenDolphinをダウンロードしてください。

Windows
Windows 2000, XP, Vista, 7 OpenDolphin-1.4.7-Win.zip
SHA1=9c2ea4fd1c220c7d6fed08e5cb71701971ae6eea
MD5=1e8aa00b79825edbe5d713866f61dbe3

Mac
最初に Java の設定 を行ってください。
Mac 64bit 版 Leopard/Snow Leopard OpenDolphin-1.4.7-Mac.zip
SHA1=380e705657e2b59c2c5c757bacb463d24a5ec31b

Linux 版のインストールと起動はこちらを参照してください。

(1)ダウンロードファイルは ZIP 形式になっています。適当な場所に解凍してください。
(2)OpenDolphin-1.4-Win/Mac 等のフォルダが現れます。
(3)インストールは以上で終了です。削除する場合は、フォルダをゴミ箱へ移動してください。

2.アカウント作成

インストールしたフォルダのなかの実行アイコンをダブルクリックします。
ログイン画面が現れますので、「設定」、「アカウント作成」、「通信テスト」と進んでください。




使用許諾書が現れます。問題がなければ同意してください。

(1)アカウント情報を入力してください。 プライバシー・ポリシー
(2)登録された電子メールアドレスに、ログインに必要なOIDを送信します。
(3)医療資格は医師にしてください。他の資格ではカルテを作成することができません。

(4)「登録」ボタンを押されると、リモートサーバが、折り返し「医療機関OID」を送信します。
(5)OIDを受信されたら設定画面の「医療機関ID」欄にコピー・ペーストしてください。(下の図の赤枠部分)
(6)「保存」ボタンをクリックするとログイン画面に戻ります。
(7)登録されたユーザIDとパスワードでログインしてください。

 

3.カルテ作成

カルテを作成するステップは次の通りです。
(1)患者を検索し、カルテをオープンします。
(2)スタンプを準備します。
(3)2号用紙画面に、スタンプを Drag & Drop します。

3-1.患者検索

(1)メインウインドウの「患者検索」タブを選択します。
(2)検索キーワードの欄に、英語の D (半角大文字)を入力し、リターンキーを押します。
(3)テスト用に登録されている患者のリストが表示されます。

3-2.カルテオープン

(1)検索リストの患者を選択し、ダブルクリックします。
(2)選択された患者のインスペクタ画面が開きます。最初はまだ何も記録がない状態です。

(3)ツールバーの「新規カルテ」ボタンを押します。
(4)ダイアログボックスが表示されますので、「了解」ボタンを押します。
(5)空白の2号カルテが表示されます。

3-3.スタンプインポート

(1)スタンプ箱の「インポートボタン」を押します。
(2)インポート画面が表示されますので、小児科スタンプを選択します。
(3)「インポート」ボタンを押します。
(4)スタンプ箱に「Pediatrics」タブが表示されます。

3-4.Drag & Drop でカルテ作成

(1)スタンプ箱の「 Pediatrics タブ」を押します。
(2)「処方」タブを押します。
(3)処方スタンプのどれかを選択し、カルテ画面の右側に Drag & Drop します。
(4)処置や検査等のスタンプも試してください。

3-5.テキスト入力とスタンプ化

(1)テキストはカルテ画面の左右どちらにも入力することができます。
(2)挿入したい位置でマウスクリックし、キーボードから入力します。
(3)サイズ、カラー、スタイルなどの書式を設定することができます。

(4)スタンプ箱の「個人用」タブを選択します。
(5)カルテ画面の適当なテキストをマウスで選択し、スタンプ箱へ Drag & Drop します。
(6)選択したテキストがスタンプとして登録されます。

3-6.カルテ保存

(1)ツールバーの「保存」ボタン(フロッピーアイコン)を押します。
(2)ダイアログボックスが表示されますので、「保存」を選択します。
(3)カルテがデータベースに保存され、背景が緑に変わります。
(4)カルテ画面の「クローズボックス」を押し、カルテを閉じます。
(5)インスペクタ画面にカルテの履歴が表示されます。

3-7.前回処方適用、全コピー等

(1)2回目からは、前回処方適用や、基になるカルテを全コピーしてカルテを作成することができます。(マニュアル参照)

3-8.その他のスタンプ入力方法

(1)ツールアイコンから入力することもできます。

(2)カルテ画面で右クリックしても可能です。

(3)その他、コードヘルパーの機能も使用することができます。(マニュアル参照)

3-9.カット・コピー・ペースト

(1)スタンプ、シェーマ、テキストは、カット・コピー・ペーストが可能です。
(2)スタンプを選択するには、マウスでクリックします。
(3)ツールアイコンの他、キーボードショートカットが可能です。

3-9.数量変更

(1)スタンプを選択しダブルクリックすると、エディタが開きます。
(2)数量を変更する場合はエディタで変更し、再度カルテに展開します。(図の赤枠)
(3)スタンプは ORCA に接続し、ORCA の点数マスタを使用して作成します。

更新チェック

(1)プログラムに更新があるかどうかチェックしてください。
(2)メニューの「ソフトウェア更新」を選択します。
(3)新しいプログラムがある場合はその旨が表示されます。指示に従って最新にしてください。


OpenDolphin について

OpenDolphin はドキュメントを作成するソフトです。ワープロや電子メールと同じ感覚で使用することができます。 そのため、特に習熟を必要とするものではありません。なるべく大きい画面でご使用いただければ、2号カルテの視認性のよさをそのまま感受できます。

またプラグインによる機能拡張にも眼を通してください。活用のヒントが見つかるかも知れません。

次のステップ

スタンプは ORCA が解釈できる診療データを保持しています。これを ORCA へ送信すると、診療行為が自動で入力されます。 また ORCA で受付をすると、Dolphin の受付リストに表示されます。

そのため ORCA との連携 に進んでください。接続方法等でお困りの場合はご連絡ください。

ここで作成したアカウントは5ヶ月間有効です。その後は、ASP 会員になって継続使用する、グループで導入する、OEM供給を受ける、等の方法があります。


Copyright 1997-2013 オープンドルフィンラボ 231-0023 横浜市中区山下町1番地 info@digital-globe.co.jp